イークロイツ 有限会社


   金アマルガム濃縮
水銀分析システム (QS THG)


◆用途
試料を秤量し燃焼管内に投入すれば水銀を検出
します。 あらかじめ標準試料で較正すれば水銀
定量出来ます。
固体
土壌/生体試料(爪,毛髪など)/食品/鉱物/電子
材料(RoHS)。
液体(少量)
工場排水/海水/生体試料(血液,尿など)。
大気[専用アタッチメントほかが必要です]
環境省指針に基づく大気中水銀の測定。
還元気化併用の水試料
この場合のみ試料の前処理が必須です。


 ◆特徴
試料を秤量し燃焼管内に投入しスタートボタンを押せば自動的にプロセスを遂行し水銀を検
出致します。
試料に応じた分解燃焼プログラムを8パターン登録する事が出来ます。
1(ng)〜1000(ng)まで広い測定範囲を持っています。
光学倍率を変化させると3倍まで感度をさらに上げる事が出来ます[分析計QS330Zの機能]。
1(ng)〜1000(ng)まで広い測定範囲を持っています。
経路中に「中和部」「洗浄」「除湿部」を設け,汚れや吸着を出来るだけ防いでいます。
分解燃焼が起きる直前に水蒸気によって通気経路を洗浄する事が出来ます[オプション]。
燃焼分解過程をへずに金アマルガム濃縮部だけを浄化する機能があります。
水銀(Hg0)がセルに導入する直前はセル内をポンプで浄化致します。
測定ガスはバイパスからの浄化空気を用います。 燃焼管などを経由していません。
1試料当たりの測定時間はほぼ710(分)です。
各炉の配置や配管をコンパクトに致しました。また,トランスやポンプといった重量物を調整
器に集約し本体とは分離した結果,各部分の軽量化が実現しました。
「緊急停止」「送気停止」「燃焼炉の暴走監視」の安全措置を講じています。 試料投入口(石英製・試料容器)

 ◆主な仕様
燃焼管 石英管
試料分解燃焼炉 セラミックファイバー炉
温度制御 :プログラムコントロール
プログラム保存 :8パターン
燃焼炉 セラミックファイバー炉
750900(゜C),定値コントロール
中和炉 セラミックファイバー,パイレックス硝子
水銀追出炉 セラミックファイバー炉
温度制御 :プログラムコントロール,定値コントロール
除湿方式 ペルチェ素子による電子冷却器
制御方式 シーケンス・リレー制御
外部出力 ディジタルOUT/アナログOUT[トリガ出力]
電源 AC100V, 50/60Hz, 1.3kVA
寸法・重量 380W×520D×450H(mm) , 約25(kg) 調整器寸法:
250W
×200D×340H(mm),10kg
オプション 気中水銀捕集装置,気中水銀用アチッチメント,標準ガス発生器
パソコンソフトウェアー(データ収集処理ソフト) 調整器[ZE080]
測定原理 加熱気化金アマルガム濃縮・原子吸光法
測定方法 「加熱気化法」及び「開放送気式」経路自動切り換え。
光源 光電管
検出器 低圧水銀ランプ
光学系 非分散ダブルビーム
再現性能 加熱気化法:約5(%) ,還元気化法:約3(%)
還元気化(開放送気)・感度 スケール10(ng),20(ng),50(ng),100(ng),200(ng)
加熱気化・感度 L Mode スケール2(ng),4(ng),10(ng),20(ng),40(ng)
H Mode スケール50(ng),100(ng),250(ng),500(ng),1000(ng)
除湿方式(還元気化) ペルチェ素子による電子冷却器
表示器 バックライト付液晶[202行]
プリンタ 5×7ドットマトリックス・インパクトプリンタ
外部出力 アナログ[0100mV],データポート[RS232C]
電源 AC100V, 50/60Hz, 150VA
寸法・重量 230W×445D×357H(mm) , 約20(kg)
オプション パソコンソフトウェアー(データ収集処理ソフト) 気中水銀捕集装置[QS800]


戻る|トップページ|新製品情報|製品紹介 | サポート情報|ダウンロード|スケジュール|リンク|事業案内|お問合せ|サイトマップ